秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルトネリコ3クリア
どうしても眠れなかったが、寒くてベッドから手を出していたくなく、しかしそのままではやることが無いので、アルトネリコ3を夜通しやりつづけ、とうとうクリアしてしまった。

コレが2日前の話。書かないつもりしていたが、忘れないうちに感想を書こうと思ったので、こうして今書いているわけじゃな。

という事で、本来休止期間じゃが、ブログを更新することにする。てか、ここ数年毎日書いていたもんじゃから、書かないとなんか落ち着かないんじゃよな。


ちょっとだけ話し変わるが、今日ゴッドイーターを買ってきた。が、これは本当に試験終わるまで未開封のままにしておこうかと。

下手に手を付けると、またやってそうじゃしな。

さて以下よりアルトネリコ3の感想。ネタバレ含むので、読む場合注意。




ストーリー

1で救われたミュールが、2で惑星再生の手がかりを探し、それで得た大地の心臓をココナへと託し、3で惑星を再生する。

1からやってきたファンからしてみれば、やっと全てが繋がったという感じじゃ。3は2の2年後らしく、1から通しても4年しか経ってないので、話が繋がりやすいというのもあるんじゃろうがな。

そう考えると、一番の功労者は、やっぱり1の主人公であるライナーなのかもしれんな。ライナーがミュールを救うという判断をしなければ、世界滅亡だったわけじゃし。

まあ、こう書くと中々良さそうなんじゃが……内容としては、何か一番酷かった気がする。主人公がサキと出会うのは良いとして、いきなり俺がサキを守ると言い出して村を飛び出す始末。あまりに突拍子が無さ過ぎて、プレイヤー置いてけぼり。そして何故に特殊な能力も無い鳶職が、あんなに強いのか。

1のライナーも2のクロアも、両方騎士だからこそ、世界を救えるほど強かったんじゃからな。騎士の中でもかなり優秀な設定だったはずじゃし。

3のアオトはちょこちょこ騙されたりするが、割とすぐに挽回して、大きな挫折とかが特に無い。すんなり進んで、すんなり終る感じじゃったのう。

アルトネリコ1~3を全体から通して見ると、やっと全てが一つに繋がって終ったんだな。という達成感はあるが、3だけだと色々と微妙すぎた。色々と説明不足じゃしなー。

てかのう、ストーリー上で詩魔法が使えなくなってるのに、普通にエンカウントして普通にヒロインが詩魔法使ってるという状況がかなり気になるんじゃが。

あとラスボスが、今までで一番どうでも良い。2の演出とかと比べると、落差激しいぞ。


グラフィック

もう、これは終ってるな。
やはりガストは3Dが合わん。キャラはつるつる滑って進むし、顔のグラフィックは割りと適当じゃ。

街中の移動とか、横の移動は普通に早いが、縦の移動が妙に遅く感じるのはなんなんじゃろうな?

2Dに戻ってもらえんかのう。演出も弱いし、エフェクトは結構しょぼいので、3Dの利点が何も無い。ダンジョンも分かりづらくなり、視点は動かせないのに勝手に動いたりするし、1や2のようにマップも無いので何がどこだかさっぱり分からん。


戦闘

テイルズのような戦闘なのは良いが、テイルズほど戦闘に力を入れているわけではないので、出来が悪い。

前衛の攻撃は、今までより空気。なにせ敵によって、10とかしかダメージ出ないんじゃぞ。それで詩魔法では10万以上軽く出るので、前衛の攻撃がどれだけ無意味なのか。

下に出ているテンポに合わせて前衛が攻撃すると、ゲージが溜まってヒロインがパージ(要するに脱ぐ)できるようになる。パージすると詩魔法が強化され、ダメージや範囲が上がる。
4回パージすると、フリップスフィアという魔法が出せるんじゃが、もうそれさえ出せば大体の敵は一掃。ボスも含めて一掃。一部のボスくらいじゃな、一回じゃ死なないの。

なので、前衛の攻撃はそれを出すためだけに、テンポをあわせるためだけのものと思って良い。あとはボタン連打していれば良い。

スキルとか組み合わせて戦えるならまだしも、HPを回復する手段が、ほぼアイテムくらいしかない。ヒロインが詩魔法を唱えている間、持続的にHPが回復するが、雀の涙。
HP消費でスキルを出す以上、HP回復魔法が欲しかったりするが、無いから使い勝手が悪すぎる。
もう前衛は、死ななければ良いくらいなので、かなり意味なし。

パーティメンバーは前衛3人で固定。それ以上増えないため、入れ替え不可能。そして戦闘中は、自分で操作するキャラ以外は一切操作不可能。AI設定も出来ないので、瀕死だろうがなんだろうが突っ込むし、HP消費しながらスキルを連発する。

RHAシステムという、戦闘音楽を自動で生成してくれるシステムも、結局なんか微妙じゃったな。

RHAはほぼ詩調合というシステムで、ヒロインがパージすると同時にその魔法の効果を付けるというものなんじゃが……上記したように、体力を回復する手段に乏しい以上、回復効果を上げる魔法と、防御力を上げる魔法はほぼ必須になるため、どうしても最初から最後まで似たような曲になってしまう。
そしてそれは、基本色物曲だったりするので、どうもネタにしか聴こえない。


パージシステムはもう意味分からんし、いらんと思うのはわしだけでは無いと思う。
完璧ネタじゃな。脱ぐから何? というレベル。100歩譲って、設定上ヒロインが脱げば、魔法が強くなるのは分かった。しかし、前衛が必殺技を使うと脱ぐ理由が意味不明。
使った後会話で、なんで脱いだのか聞かれたりするんじゃが、大体が「なんとなく」とか「つい」とかそんな適当な理由。もう何がしたかったか分からん。

てかのう、ヒロインのパージムービーは胸を揺らせば良いと思ってる節あるよな……明らかに揺れなさそうな大きさでも揺れるし、そもそも鎧を着込んでいるキャラの胸も、鎧ごと揺れるのはどうかと思うが。そこ動くような場所じゃないよね……としか思えん。


詩魔法の演出も、酷いもんじゃな……ヒロインの人格ごとに使う魔法が固定なので、種類がかなり乏しい。2の用に大きく分けると少ないが、分岐したり進化したり合体したりで増えていくならまだしもな。
パージして強化させても、ちょっと魔法のパーツが増えるだけ。強化だけなら、1に近い。しかし、1は豊富だったが、3は各人格ごとに1つなので、サキ4つ、フィンネル4つ、ティリア2つの合計10しかないという少なさ。

更にはフィリップスフィアの演出なんか、落ちてくるものが各人格ごとに違うだけで、出方が全く同じ。人格変えてもこれはすぐに飽きる。小さい魔法がいくつか連続で落ちてきた後、大きい魔法が最後にどーんと落ちて爆発。それで終了じゃしのう。


マップやダンジョン

3Dになったお陰で、何がどこにあるか分かりづらくなった。キャラの動きもヌルヌルなので、うまく動かないこともしばしば。

無駄にリアルなので、暗い場所で周りが全然見えないということもあったな。

一番嫌なのが、敵が出現するマップではなかろうか。

一応出る量は決まっており、その分撃破すれば、マップを切り替えない限り再出現しないんじゃが……
これは1から3まで共通してるんじゃが、1と2はそのゲージを強制的に0へするアイテムがあったんじゃ。だが3では無い。
しかも、敵対しなくなった勢力のダンジョンなので、敵が出なくても良い気がするが、最後まで出る。特にクラスタニア行政区ってところが酷く、広い上に目的地まで遠く、何度も足を運ぶ必要のある場所なのに、味方になっているはずが最後まで敵が出るってのは流石に辛い。


ヒュムノス

此処のヒュムノスは、確かに神曲が多く、力の入れ様は凄い。

しかしストーリーが今まで以上に薄いため、ヒュムノスが流れていても感動できる場面が殆ど無いのがな……

1とか2では、ヒュムノスを謳うまでには、そのヒュムノスクリスタルを探しに行って、インストールするという流れだったので思い入れも深く、なんというヒュムノスなのか直ぐに出るんじゃが……なんか3はいきなり出されて流れるので、ヒュムノスコンサートで聞いていても中々どこの曲か思い出せなくて困ってる。

ED曲はもう、一回聴けば満足する代物。
1は志方さん、みとせさん、霜月さん3人での合唱。2は志方さん、霜月さん2人での合唱。そして3では、ほぼ志方さん1人。
てか、3のEDは最初と最後以外は、1、2、3のOPメドレー。確かにエンディングを始めて見た時は、ちょっと感動する流れじゃが、初見だけじゃよな……
これだけ歌姫居るんじゃから、全員で合唱してくれると信じていたのにな……なんで一作品ずつ減らすんじゃろうか……
2は演出上2人で納得したが、これはちとな……いやまあ演出は良いが、ED曲単品としてはあんまり評価できん。ファンタスマゴリアを越える曲は、とうとう出なかったか……

……みとせさんの曲がラスボスで流れる1曲だけって……そりゃないよ……orz
しかも『XaaaCi』とか読めねーよ……


ヒロイン

攻略できるのは、サキ、フィンネル、ティリア、ココナの4人。まあ、ココナは全ヒロインの条件を満たさなければ良いだけなんじゃが。

しっかしな……サキには他に、フィラメント、サラパトゥール、サキア・ルメイという人格がいる。フィンネルにも、ユリシカ、ソーマ、スズノミアという人格も居る。

正直、わしの様に、サキもフィンネルもティリアも、あんまり好きじゃない方からすれば、別人格のエンドになって欲しいわけじゃよ。特にサキア・ルメイのエンドを期待してたんじゃがな……

全く無いので残念極まりないのう。

あと個人的には、アカネもヒロイン枠に追加して欲しかった……



結果的な感想

うん、酷いな。

いやまあ、普通にやってる分には、特に悪くは無いぞ。ネタ率多いが、キャラの掛け合いは1や2より多いし、サブキャラも十分すぎるほど立ってる。
ただ物語りは全体通して綺麗過ぎるかなと。

2で3の事が示唆されたときに、テンション上がりすぎて期待しまくったのが、まあ一番の原因だとは思うんじゃがのう……

駄作ではない。が、大きく勧めるほどのものでもない。ってのが本音。

しかも惑星再生してしまったからのう。4は出そうにないし。なんか、最後の締めが、一番微妙ってのが不満じゃー。

エンディング後に、1や2のキャラ。シュレリアとかミュールとか、フレリアあたりは最後に出しても良かったと思うんじゃがのう。

……取り敢えず、ヒュムノスでも聴いてよう。
コメント
この記事へのコメント
>そのときは言いたい放題

ベオースさんに限ってそのようなことはないと信じていたというのに……
アルトネリコを封印するという約束までしたというのにっ!
ああ…
2010/02/05(金) 21:13:36 | URL | ザン #-[ 編集]
まあ……そうじゃのう。

というか、特に何も言えんので、返答に困るな……
2010/02/14(日) 01:52:21 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1261-261f33ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。