秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創作っ子台詞当てはめバトン・2
だそーじゃ。ザンさんのところから拾ってきた。

2、とか書いてあるが、1ってなんじゃろう? まあいいや。

ザンさんは、答える時にほかキャラとの掛け合いで書いているので、わしもそれに準じようかと思う。


取り合えず、6人というのでそれぞれの主人公とヒロインを入れていけば良いかのう。

ベースとメロウも含めれば、作品が3つ分になるので調度良いじゃろう。

という事で、始めるかのう。



【創作っ子台詞当てはめバトン・2】

文字通り、シチュエーションごとに、「彼(彼女)ならなんと言うか」を考えてもらうバトンです。
「創作っ子」となっていますが、二次創作でも充分いけると思います。
相手がいる指示内容の場合、相手は適宜設定していただいて構いません。


まず、1から6までの数字に人物を当てはめてください。

1:バリセラス・ガルガート
2:メラウ・クレメーア
3:ゲイン・カシュール
4:ファルク・ウィックレー
5:ベース
6:メロウ

それでは、当てはめ回答をお願いします。


01:洋服やアクセサリーのショップでアルバイトをすることになった(1:バリセラス)の「いらっしゃいませー」

 てか、ひどく淡々と役割こなしてそうじゃよな。

バ「いらっしゃいませ」
客「店員さん、表のマネキンが着ている服ってどこにありますか?」
バ「少々お待ちくださいませ」
客「お願いします」

……

バ「こちらでしょうか」
客「あ、ありがとうございます。試着室はどこですか?」
バ「こちらです、どうぞ」


……あれじゃ、面白みが無い。何このクソ真面目キャラ。


02:危険な旅に出る恋人を見送る(2:メラウ)の「必ず帰ってきて」という懇願

 恋人がいねー……まあ、分かりやすくバリセラスでも当てるか。

バ「……行って来る」
メ「負けるんじゃないわよー!」
バ「お前に言われるまでも無い」
メ「んじゃ良いけどさ。まさかだと思うけど、死んでも良いなんて思ってるんじゃないでしょうね?」
バ「だったらなんだ?」
メ「せいやぁ!(回転蹴り)」
バ「な! 何考えてるんだお前は!」
メ「あんたこそ何考えてんのよ、良いから生きて帰ってきなさい!」

 こんなトコが妥当かのう。


03:ダンスパーティーにて、憧れのあの人に向かっての、(3:ゲイン)の「Shall We Dance?」


ゲ「ファルクー、ここダンスをする場所なんだってさ」
フ「……ん」
ゲ「やってみよーぜー」
フ「ダンス、なんか、やった、事、無い」
ゲ「あーやって手を繋いで歩けば良いんじゃないかな? 何でも良いからやってみよーぜー」

 
 こんな感じか。これは割りと有りそうじゃな。まあ、ファルクがゲインの足を踏んで、ゲインが盛大にコケるというオチがありそうじゃが。

04:友人の妹(弟)に恋をしてしまった(4:ファルク)。兄(姉)である友人になんと打ち明ける?

 うわー……もの凄く、書きづらい内容……ファルクの恋愛話は一番下手に扱えん場所じゃよ。取り敢えず友人は女の子で良いんじゃよな。

友「ファルク、どうしたの?」
フ「言いたい、事が、ある」
友「何?」
フ「あなたの、弟。私、好きに、なった、みたい」
友「うそ! えと……大丈夫?」
フ「……何が?」
友「あの……えーと……」


 すまん、これ以上は危険。てか、弟死亡フラグじゃ。


05:カツアゲの現場に遭遇した(5:ベース)。なんと言って仲裁する?

 カツアゲしてる奴らフルボッコフラグ。容赦せんじゃろうなー。

ベ「こんなところで何をしておるのかのう」
1「あぁ? 何だよテメェ。邪魔だ」
2「失せろ、それともお前もやられたいか? あ?」
ベ「ふむ、やぱりカツアゲか……見て見ぬ振りも出来んしな」

戦闘後

ベ「ほれ、カツアゲしてた相手に土下座しろ。頭も地面に擦り付けてな。んで、謝罪しろ。それが嫌なら……そうじゃな、この場に3日間くらい動けないように捕縛して転がしておいておくかのう。安心しろ、誰にも見つからないようにしておいてやる」

 
 こういう手合いには、全く容赦せんな。

06:街で声をかけられたが、相手の名前が思い出せない(6:メロウ)。なんと言ってごまかす?

 このくらいは普通にありそうじゃな。

友人「あ、メロウじゃない。久しぶり~」
メロ「え? えーと……ひ、久しぶりー」
友人「元気にしてた? 私は引っ越してから結構大変だったなー」
メロ「そうなんだー。私はこの通り、元気だよ。今は結構大変なんだけどね」
友人「へぇ、学校が厳しいとか?」
メロ「うん、それもあるかなー」

 とかいう風に、なんとなくそのまま仲良く会話しそうな感じじゃな。メロウは天真爛漫なキャラじゃしのう。

07:大して興味もない異性から超高級なブランド品を贈られた(1:バリセラス)の反応。

 これはありそうじゃのう……美形キャラじゃし、苦労人過ぎて忘れられてるが。

女「……バリセラスさん、コレ……」
バ「ん? 何だコレは」
女「バングルです。貰って頂けないでしょうか?」
バ「いや、俺は別にいらないのだが……」
カイシ「いいじゃありませんか、バリスさん。好意は有り難く頂くものですよ。それにこれ、かなりの高級品ですから」
バ「とはいえ、俺が付けていてもあまり役には立たないが。素材は悪くないようだが、防具にはあまり向きそうに無い」
女「お願いします!」
バ「ふむ。少し待ってろ」

 どこかで何かをしに行き、少しして帰ってくるバリセラス。

バ「変わりにコレを返す(恐らく自作であろう、中々良いデザインの女物バングルを差し出す)」
女「え? 良いのですか?」
バ「ああ。素材はそれほど良くないが、耐久度は問題ない」
女「ありがとうございます!」

カ「おやおや、これは何かのフラグでも立ちましたかねぇ」

 
 バリセラスって結構無欲じゃからなー。お返しに、とか変に気を使ってこうなりそうじゃ。流石苦労人。

08:戦隊ヒーロー(2:メラウ)。悪を成敗した時のキメ台詞は?


メ「うい? 終わり? 何か歯ごたえ無いわねー」


09:べろべろに酔って目覚めた翌朝、隣に異性が眠っているのに気付いた(3:ゲイン)の反応。


ゲ「あー……頭がイテェ……あー……? あれ、なんでティンリーまで寝てんだ?」
テ「くごー」
コルセス「ああ、調子に乗ってお前にも酒飲ませた挙句、二人共々ぶっ倒れたんだよ。めんどくせぇからそのまま放っておいただけだ」


10:ある日突然執事(メイド)として働くことになった(4:ファルク)の、「御用がありましたら何なりとお申し付けください」。

 あー……また結構無理な場面が……働くのは無理なので、ティンリーが面白半分でメイドの格好させたくらいで勘弁してくれ。

フ「……御用が、ありましたら、何なりと、お申し、付け、ください」
テ「おおー、中々可愛いとおもわない? コルっち」
コ「まあ、思わなくもないが、なんでメイドなんだ?」
ゲ「今流行の萌えって奴なんじゃないのか? オレも良いと思うぜ!」
フ「……ん」
テ「ファルちゃんも結構喜んでるっぽいよ、こういう服、好きそうだし」
コ「本人が良いなら、別に文句はねぇが……」


11:前を歩いていた人が何かを落としたのに気付き、声をかける(5:ベース)の台詞。


ベ「ん? 何か落ちたな。何じゃ? ……財布か。おーい、財布落ちたぞ。って、聞こえて無いのか。仕方ない、近くまで行くかのう」

12:忙しくてなかなか構ってくれない恋人に対し、拗ねてみせる(6:メロウ)の台詞。

 mjd? これは喜んで書くしかない。

メロウ「ベース、今日も忙しいの?」
ベース「そうじゃな……」
メロウ「最近毎日だよね……この間の休みも無かったし」
ベース「すまんのう……いくらなんでも、此処最近は多すぎるんじゃよな。わしも行きたくなどないが」
メロウ「今度の休みは、絶対に休みにしてね。お願い」
ベース「分かった、なるべくそうなるように、話は通しておくかのう」


 下手に膨らませるとどこまでの行くので、この辺で終了。

回答、お疲れ様でした。


という事で終了。お師匠様には既にメッセで回してあるので、そちらに期待じゃな。
コメント
この記事へのコメント
拾っていただきありがとうございます。
どうやら同じ作者によるバトン1があるようですね。
だから2なのでしょう。

みんな結構真面目ですね。…ベースさんカツアゲごときに本気すぎませんか!!
2009/12/29(火) 22:41:00 | URL | ザン #-[ 編集]
バトンは楽しかったのう。

ただ、ファルクを入れたことに激しく後悔した。しかも物凄く書きづらい場所ばかりじゃったしのう。

まじめというか、あんまりぶっ飛んだことって中々できんもので。

所詮カツアゲと言えど、恐喝には変わり無し。という事で、二度とやらんよう徹底的に叩き潰しておく、って感じかのう。
2009/12/30(水) 02:24:37 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1221-d1224955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。