秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素顔の仮面 第1話『仮面の少女』 23
書く時は書くが、書かない時は本当に書かない。

我ながら、どこまでも気分屋じゃな……

気力があればやるが、無ければ絶対やらない。しかし気力は大体無い事の方が、圧倒的に多い。

まあ……そんなこんなで、書く時は書いておるんじゃが。最近は特にこれと言ってやることが無いので、気力さえ湧いてる状態なら書ける。

問題は、ただでさえ湧いてこない気力をどう湧かせるか、なんじゃが……

さてさて、前回と今回の間には空行が存在しないので、場面が続いてると思って欲しい。読む場合は注意。
それ以前の1話とプロローグは、カテゴリー内の『自作小説』を参照。



公開終了
コメント
この記事へのコメント
……みんな異常者に見えてきました……
まさかコルセスさんが癒し系になるとは……
彼がいなければこの話は成り立たないに違いない!
2009/11/10(火) 00:41:27 | URL | ザン #obYDgEv2[ 編集]
んーてかのう。コルセスが引っ張って行かんと、現時点じゃ全然話が進まないんじゃよ。

多分、後々ティンリーにもそんなイメージが湧いてくるんではないかと思うな。

にしても、この時点でコルセスが癒し系である事に気づくとは……流石ザンさん。
2009/11/10(火) 04:06:21 | URL | ベオース・フェオティール #nmxoCd6A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1171-6f9fc2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。