秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
素顔の仮面 第1話『仮面の少女』 20
可能な限り有言実行。

昨日言っていた通り、小説更新じゃ。

今日は特に何にも書くこと無いしのう。

んー、強いて言えば家族で外食行って来たくらいじゃな。

喫煙席と隣り合っている禁煙席は、さほど変わらないんではないかと思う日じゃった。
座った状態でも頭の位置より低い壁でしか仕切られて無い、隣り合った席の片方で煙草をプカプカ吸われたら、思いっきり煙がこちらまで届く。

かなり煙くて物凄く不愉快じゃったな。店員に文句付けて席を移動してもらおうとしたが、別に良いよと他2人(元から煙草を吸っている父親は当然何も言わん)が言うので、そのまま座っていたが。


さてさて、今回と前回の間には空行があるので、場面が切り替わったと思ってくれ。読む場合は注意。
それ以前の1話とプロローグは、カテゴリー内の『自作小説』を参照。


公開終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1160-b1a8ffe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック