秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
帰らせてくれ……
実際は昨日からじゃが、またもや別なブロックにトバされた……

これで4回目じゃ。何かあるとわしを出すのはもう止めてくれ……

確かに数回行って、ある程度慣れたとは言え、行きたくないのは行きたくないじゃろうに。

感覚は違うし、親しい人が多い訳でもないし、というか会話出来る人は1人くらいしかおらんからのう。

居るだけマシではあるが。

基本的なシステムも違うしのう。全体的な仕事は、別ブロックの方が楽なのは楽なんじゃが。

ってか、わしが来た時に限ってまともに動かないほど、不具合連発するのは止めてほしいな。


一番最悪なのは、わしらの前に居る班の奴じゃな。

仕事を山ほど残して帰る。

口では「お願いします」だのとほざいておるが、あれは確実にやらせて当然と思ってる感じじゃな。

「忙しいから」とか言い訳しておるが、どう考えてもやれる時間あるくらい機械動いておるよな。それで「出来なかった」ということは、単に「やらなかった」だけじゃろうに。

というかわしらが元々いる方のブロックは、こちらより圧倒的に仕事量多いんじゃが、多少忙しいくらいで次の班に残したりしない。

つまりやろうと思えば、処理できないほどではないって事じゃ。

入力物も、ごそっと抜けてるし。

昨日も似たり寄ったりじゃったしな、この人。

というか聞く話によると、そこの班は変に仕事自体は出来る人が多く集まってるそうじゃ。

これだけ聞くと矛盾じゃが、そういう「出来るという自信」がある奴って、大抵他人に平気で仕事押しつけるからな。

まあ変に壊れても自分なら直せる、という所なんじゃろう。確かにそういう人は重宝するが、普段の仕事もろくにやらんくせに威張られても目障りなだけじゃよな。

こういう自分の仕事押しつけて当り前と思ってる奴は、文句付けると逆上するから手に負えん。

というか、以前同じ様な状況下で違う人じゃが文句付けたら、逆ギレされたしのう。

「忙しかったんだよ、クソガキ」と言われた事あるからな。
まあ、二度とコイツの手伝いはしないと誓ったが。それ以降挨拶もしたことないしのう。因みに言っておくが、クソガキ発言した奴は歳は上じゃがわしより偉い訳でも何でもない。ついでに言うと、入社時期はわしの方が数年早いくらいじゃしのう。

歳が下というのは、色々と不便じゃよな。お陰で貧乏くじばかり引かされる。

今日はもうフォローするのすら嫌なので、頼まれた所はやったが、抜けてる所は放っておいた。わしの仕事じゃないし。

文句言われたら、前の班が残して行った仕事が多くて忙しかったとでも言っておく。そもそも前の班が入力する場所じゃから、そうそう文句も来ないじゃろう。

あー……もうさっさと元の場所に帰りたい。仕事は多いが、慣れておるし気が楽じゃ。

今回は11日までじゃったかのう。前回も「2度と行きたくない」と言っていたのに、また行かされたしのう。またあるじゃろうな……

もう11日まで、有給でも使おうかと思うくらいじゃよ本当に。1日しか使ってないから、余裕で残ってるし。

てか、そっちのブロックからこっちに来た人居るじゃろう。以前言っていた問題起こしまくる人じゃが。

その人送れば良いじゃろうに。元々そっちの方で仕事してたんじゃから、わしより楽に馴染めるじゃろう。

という事を言うと、「あっちでもいらないって言われる」のだそうで、結局わしが送られる。

いやてか、あっちでいらないって言われた人を、こっちに寄こさんで欲しいんじゃが……

あっちのブロックどれだけ我が儘なんじゃろう……

ふーむ……もう嫌じゃ……

早く元居た場所に戻りたいもんじゃのう。

まあ、我が儘と言えばわしも当てはまるんじゃがなー。

こうやって文句を垂れ流す程、別のブロックは嫌じゃ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1137-19b07aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック