秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WLOのFD
この間『WLO 世界恋愛機構』のFDが発売した。

結構楽しみにしていたので、さっそくやってみた。

まあ、FDなのでごく短い。とはいえまだクリアしてないし、見たいストーリーも終わっていない。

じゃがまあ、思ったことを書こうかと。


FDとは基本的に2つの役割があり、一つは本編で主人公と結ばれたヒロイン達との後日談となる。

わしが一番好きだと言っている場所じゃな。こういうクライマックスより、クライマックス終わってからの時間の方が好きじゃ。

もう一つFDの役割は、本編では攻略不可能だったキャラも攻略できるという所じゃ。

このキャラより、このキャラの方が良い。と思う人は多いじゃろう。特にWLOの本編は、絡んでくるだけ絡んでくるのに、ヒロインではない人達が多すぎるからな。

例えを出すと、メイド3人。

実際はメイドではなく、ただメイドの格好をしてるだけなんじゃが、この3人もそれぞれ非常にキャラが立っており、人気も高かった。

FDでは、こういった人達をヒロインとして攻略できるのが、1つの売りじゃな。

そんな訳で、FDを楽しみにしていた訳じゃ。


と言う事で、いざふたを開けてみると。

まあ、なんじゃ。確かにまあ、ヒロインとして出てくる話はあるな。

しかし、その内容が「本編で攻略可能だったと仮定して、結ばれた後の後日談」になっている。

うん。意味が分からん。

シナリオに入って、行き成り主人公と恋人同士になってる話から始まるんじゃぞ?

いやまあ、確かにそこら辺は一番好きな描写と言っているが……

その辺の描写が好きなのは、本編中に起こったしがらみなどの苦難を乗り越え、やっと幸せになれたキャラを見続けてきてそのキャラ達に感情移入出来るからこそ、その後の話が読みたくなってくる訳じゃろう。

行き成り大事な所すっとばしてそんな後日談を出されても、分かってるのは制作者くらいなもんじゃろう。

やってて全然話に付いていけん。プレイヤー置いてきぼりで話が進む。

そしてよく分からないうちに、致してるシーンに入り、そのシーンを飛ばすともう殆ど何もない。

……これだけ?

最早がっかりというしかない。

システムも、本編中でやたら騒いでいたクラスメイトに、とあるキャラが話を聞いて回る物になっている。

それぞれの話を聞いて回り、ヒロインたちの後日談を聞いて回る。

さて、わしも説明しててよく分からん。

「この娘とこんな話をしてたんだ、聞きたい?」で、そのキャラのシーン突入。

まあ、誰と話して誰のシーンに行くか分からん。唐突に始まる場合も多い。

じゃからまあ、別段見たくないキャラのシーンが行き成り入って、どうしようか迷うことが多々ある。

目的のヒロインシナリオが出た時は、確かにFDらしいんじゃがのう。

このシステムが面倒くさいだけで、面白くもなんともなく、作業感ありありじゃ。もうホントやる気出ない。

更には、本編であれだけ一緒になって騒いでたクラスメイトも、個人個人でしか会話しないので笑い所も無い。

特定ヒロインのシナリオ中も含め、殆ど1対1。恐ろしくランクが下がりまくってる。

しかも、ヒロインとして扱われるキャラ以外、ボイスが一切入って無い。

あれだけ喋りまくってたクラスメイトも、主人公の母親も、一切ボイス無し。


ハッキリ言って、出来のいい同人ゲームレベル。いや、良いのは絵と声優さんの演技だけか。

システムは完璧に失敗だし、シナリオは小説を書いたこと無い人がなんとなく書きたいことだけ書いてみました、くらいの内容。

もう残念で仕方ない。

本編やってた方が何倍も面白いぞ。

これで8190円は、いくらなんでも高すぎるだろう……

てか、発売前から修正パッチ配布されてるゲームってどうなんじゃろうな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1129-6e2c64ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。