秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FFX
深い理由は無いが、なんとなく思い立ってFFXのムービーをニコ動で漁って見ていた。

やっぱりFFXは良いよな……

終盤辺りは、いつ涙腺が決壊するか分からんほどじゃったし。

ラスボス後に、アーロンが消える場面とか、消えかかってるティーダがユウナを後ろから抱き締めるシーンは今見ても鳥肌が立つ。

曲の方も良曲ばかりで、シーンによく合うものばかりじゃったからな。泉のシーンで流れる『素敵だね』は泣ける。

こうやって見てると、またやりたくなってくるんじゃよな……

とはいえ、兄貴から借りてやったゲームなので、わしの手元にはないんじゃが。

その内中古でも漁ってみるかのう。ただまあ、それほどやってる暇無いんじゃが。

FFXで感動したと言えば、攻略本のアルティマニアΩの後ろの方に載ってる、ユウナ視点の小説があったんじゃよなー。

あれが一番泣けた。ユウナが切なすぎるんじゃよな。

FFXというと、続編にFFX-2とかもあるよな。

FFX-2はあんまり良い評価聞かないし、まああの感動の後だと微妙なんじゃろうが。条件満たせばティーダ復活EDになるのだけでわしは満足した。

しかしのう、最近のゲームってここまで感動できる作品って中々無いんじゃよな。

最低でも7~8年は遡らないと、良ゲー神ゲーは出てこんし。好きなゲーム、なら近場でもあるが、本気で感動して泣くくらいなのは中々無い。

てか、最近のゲームはムービーシーンばっかりで実際に操作する時間も短いし、結果的に総プレイ時間も短くなるから、感動もなにもあったもんじゃない気もする。

ゲーム用量の大半がムービーで取られる、ってのはどうなんじゃろう?

正直わしは画質云々よく分からんので、むやみやたらに高画質のムービー突っ込みまくるなら、ゲーム自体の強化をしてほしいんじゃが。

ムービーは一番盛り上がる所だけで良いよな。

さて取り敢えず、仕事行ってくるかのう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1090-192f11fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。