秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台へ行ったものの
少々野暮用が入って、仙台まで行く事になった。

仙台って言うと、まあ杜の都とか言われるあの仙台じゃ。

意外とわしが住んでる福島県から近く、高速バスで千円も出せば、片道1時間強で到着する。

まあ、あんまり出歩く事が無いので、言った事なんぞ殆ど無いんじゃが。

因みに、それほど楽しい出来事が待っている訳でもないので、気乗りもせんしな。

滅多に出歩かんので、良い経験になったと言えばなったんじゃがな……



見事に迷った。

うむ。我ながら疎ましく思えるほど、方向音痴なのを再確認した。

というかな、降りる筈のバス停より、幾分早く降りてしまったらしい。そして、最初は間違えている事に全く気付かなかった為、見事に逆方向へ進むと言う暴挙を成し遂げた。

目的地周辺の地図を、携帯にコピーして入れておいたんじゃが、どうも現在地と合わないんじゃよな。居る通りの名前は合ってるんじゃが、それ以外がどうも合わない。

迷いに迷って、やっとの事で駅の方向を挿してある看板を発見し、自分が逆の方向に歩いている事に気が付いた。

自分が持ってる地図より、はみ出したずっと先のバス停で降りていた。じゃから全然分からなかったらしいのう。

しかも、バスを降りて、音楽でも聴きながら行こうかと思っていたら、イヤホン壊れておるしのう。

被膜が破れてたから、そろそろ新しいのに変えようかと思っては居たが……このタイミングはあまりに酷い……

乗る前までは順調に鳴っていたのにのう……

迷いまくっていたので、新しいのを買う気力なぞ湧く筈も無かった。


……まあ、そんなこんなで目的地に付いて、野暮用を済ませ、帰りはちゃんとバス停を場所を確認したので問題なく帰ってこれた。

福島行きのバスにさえ乗れば、あとは何とかなるしのう。

……もう仙台なんぞに、1人で行きたくはないな。都会は嫌いじゃ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1069-aea48c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。