秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素顔の仮面 第1話『仮面の少女』 4
昨日言って居た詰まっていた所も、なんとか脱し、それなりに進められた。まあ、多分大丈夫だとは思うが……こればかりは、わしの判断だけでは心もとないんじゃがな。

あそうそう。やっとやる夫に、第1話を紙に印刷して渡してきた。後はやる夫経由で、じゃみらに渡るのを待つだけじゃ。

一応わしの作品ではなく、じゃみらの作品として出させる積りじゃしな。その為には、あやつに絵を描いてもらわねばどうにもならん訳じゃし。

やる夫も、何か描くそうなので、目を通すのは通すんではないかのう? 読めとは言ったが。

実際に挿絵が出来上がっても、このブログには載せる気無いんじゃがな。挿絵まで行ったら、わしの作品では完全に無くなるので、ここに乗せるのもどうかと思うし。実際同人即売会などで販売するとなったら、やはり違いは必要じゃろう。

さてさて、いつもの前口上。
前回と今回の間には空行が存在しないので、場面が続いてると思って欲しい。読む場合は注意。
それ以前の1話とプロローグは、カテゴリー内の『自作小説』を参照。


公開終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1064-2db77a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。