秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
右足捻った
捻ったというより、挫いた感じか。

職場で走った時、コケそうになってのう。場所も狭かったので、強制的に体勢を戻そうと身体を無理に起こしたら、右足がグキっと行った。

しかも走ってる時じゃからな。勢いが付いてるので、その状態で踏み込んでしまった。

鋭く刺すような激痛が走ったのう。

痛いが、まあそれだけで支障はないじゃろうとそのまま過ごす。流石に走れんかったが、歩くのは余裕。

その後休憩に入り、さて作業に戻るかと立ち上がると。


……なんか、違和感と共にさらなる激痛が。

よーく右の足首を見てから、無事な左足首と比べて見ると、明らかに右足首が太くなってる。

腫れてるな、どう見ても。


時間が経てば経つほど、痛みが増えていく。

歩くのも少し辛いくらいになってきた。

んー……これは本格的にマズいのではないのかと。


かといって、んな事下手に騒げば、労災だの何だので大事になるので、報告する訳にも行かんしな。どう考えても自己責任じゃし。

幸いにも、普通に歩けるし走ったりしない限りは行動に支障は出ない。ついでにズボンで隠れているので、そのままでは分からないしな。

そんな訳で、そのまま仕事を終えて帰宅。階段の上り下りは少々難儀したが、それだけじゃな。

んーまあ、明日から仕事を休みますとかいう流れではないので、特に普段と変わらんと言えば変わらん様に過ごす事は可能じゃのう。

……なんか、高校時代も似たような事やった記憶があるな。

コケて思いっきり右肘を打って、どう考えても骨にヒビくらいは入ってる状況に陥っていたが、面倒なのでそのまま過ごしていた事が。

あの時は、腕は動かんし絶句するほど痛いしで、悲惨な目に遭ったのう。

しかし病院には一切行かず、ひと月くらい要して完治させた。行って治療してくるのが面倒という理由だけで。


果たして、わしはどこまで面倒くさがりなのか。今回も面倒なので、病院に行く気力は無いんじゃが。

取り敢えず湿布ははっておるから、まあ大丈夫じゃろう。放っておけば治る治る。

最大の難点と言えば、このままでは素振りが出来ないという事じゃ。鈍るのう……
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1052-56fdb284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック