秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説『O・H~オリジナル・ハート~』 第2話 出会い1
さてさて、O・H~オリジナル・ハート~の更新。
今回は第2話。まあ、いきなり展開が重いが・・・・












公開終了


コメント
この記事へのコメント
なんとも暗い場面ですな……
第1話のときもこんな出だしだったような( ̄Д ̄;;
しかし続きが気になる展開です。

さて、気になる点がいくつか・・・

>少年は絶句する。
なんだか、私が書いたものも勢いで使ってそうな気がしますが……(-_-;)
絶句とは喋っている最中に言葉を失うことなので、使い方に違和感を感じます

>ついでに
>動け、動け、動け!動け!!動けーーーー!!!
状況に反して安っぽく見えてしまう気がします
例えば『ついでに』は『それに加えて』とか、
『動け、動け~』は『少年は心の中で、何度も「動け」と叫んだ』
と、言ったふうにしてみるのはどうでしょう?

>そんなことしている
そんなことをしている、ですかね。脱字かな?

>――ズシュリー―
擬音ですね。以前も明確な答えが出ていないのでなんとも言えませんが、一応ピックアップしておきます。

>絶命しかけていた人は完全に絶命した。
絶命を連呼するのに違和感が……別の言葉で表現してみるのはどうでしょう?

>目の前で大切な人を失ったのだ。
大切な人だと言うことは前述してあるのでひつようないのでは?


……とまぁ、色々うざいぐらいに言ってまいりましたが、参考程度に留めるにお願いします。
このシナリオが後に何を示すのか、気になります。続きを( ̄Д ̄;
2007/01/23(火) 04:54:51 | URL | Leace #EZfPhcZ2[ 編集]
修正。

こんなもんでどうじゃろう?

全てそのまま鵜呑みにすると、お師匠様が書いている事になりなかねないので、言われた通りに参考程度にさせてもらった。

ああ、話が重い・・・
2007/01/24(水) 22:43:57 | URL | ベオース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/105-038d7d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。