秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて……
文庫本見開き30頁。ってことは要するに、60頁分は書き終えた。

この時点で1話分は十分な分量なんじゃがのう……

後どのくらい掛かるじゃろうか。出来る事なら、残り見開き2頁くらいで終わらせたいんじゃが……どうなるかのう。

一応予定では後、見開き3頁弱ではある。

流石にそろそろ終わらせたい。

1話分書き終えたら、コピーしてじゃみらに渡すつもりでおるしのう。次に同人活動する時、挿絵でも付けて一緒に出してくれって事で。わしの名前は出さない方向でな。


なにせこの小説。

原作:じゃみら

挿絵:じゃみら

これで通る。

原作となる元の絵を描いたのもじゃみらじゃ。そして今後挿絵を入れるとしても、それを描くのはじゃみらじゃ。

と言う事で、出してもらう時はそういう表示で頼もうかと。

実際嘘は言って無い。かといって全て説明した訳でもない。
なんか、あんまりそっちの方でハンドルネームとはいえ、名前出してほしくないんじゃよな。深い意味は無いんじゃが。

当面の間は特にやりたいゲームなども無いので、ある程度はこっちに集中出来るじゃろう。

まあ、ここに載せるのはいつになるか分からんが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1040-9380f697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。