秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
仕事が終わって本を読む
明日は休みじゃ~。

今日も今日とて、件の人が変な事やらかしていたらしいが、わしは聞かなかった事にする。

その時調度2日に1回の周期で入る交換物を、新人教育の為に教えておったしのう。まあ、ざっと大まかな流れ教えただけなので、基本的にはわしがやってただけなんじゃが。
てか、わしの交換方法は、完璧にするのではなく、大雑把にざっくりと誤魔化しを交えつつ交換する形じゃからな。新人教育には本来不向きじゃ。測らずに目分量で弄って調整するのなんぞ、ザラじゃ。

取り敢えず説明時間含むので、時間を長めに使ったくらいか。わしの方は大成功と言っても良いくらいの状況じゃったからな。NG判定が出なければ良いんじゃ、詰まるところはのう。そのお陰で巻き込まれる事は無かったし。

という訳で、件の人が余計な事をしていようと、わしは知らん。この安寧な時間を乱されたくなどない。

その分、隣のラインの人がフォローに回る破目になったようで、被害に遭った人はうんざりしてたな。



と言う事で仕事も終わり、明日は休みじゃな。

流石に早番は、時間過ぎるのが早いな。忙しいからのう。

そうそう、この間買ってきた小説。終了していたとばかり思っていた小説が、今になって再開されていたという奴じゃな。

『真・聖竜伝』って小説。前は『聖竜伝』だけだったんじゃがな。

以前の話の2年後になっている。

とはいえ、現実にも2年くらいの年月が経っているので、内容がな……その内本棚漁って、以前の方を発掘して読み直した方がいいかもしれん。

まあ、漠然とは思い出したので、読めなくはないが。

そういえば読んでいて気になった所が2つ。

1つは挿絵で、3人の主人公の内1人が連れ去られ、その人を追いかけて2人が旅をしている流れだったんじゃが。
立ち寄った廃墟の様な街での挿絵にて、何故か連れ去られている筈の1人が一緒に行動していた。つまり普通に三人描かれてる。

何という瞬間移動。いつの間にこやつはそんな特殊能力を得たのやら。

さらにもう1つ。こちらは書き間違いじゃな。

「目隠しをする代わりに、馬車に覆いとは」

という台詞。

おかしいよな。目隠しした代わりに、周りを覆うんじゃから。

多分、目隠しをしない代わりに。と書きたかったんじゃろう。その後にも、視覚的な情報を交えた台詞もあるしな。

書き間違えるのは良くあるから、編集ミスじゃろう。初版じゃしのう。

気になったのはそんなもんじゃな。

400頁近くと結構厚いが、それほど文字量は多くない小説の為、結構直ぐ読み終わった。

さてさて、次で最終巻の予定らしいが、いつになるやらのう。

今日はそんなとこか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ansurwynn.blog82.fc2.com/tb.php/1025-feb0e8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック