秘密と偶然の名
リアルの出来事を中心に、自作小説等を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンスターハンター。だが断る。
MHFに入るものの、全然モンスターをハントしていなかったりする。

専ら、虫あみとピッケル担いで、採集作業。

今防具集めでのう。黙々1人で、面倒くさい事限りない素材を求めて、クエストを回している。

そしてこれが中々集まらん……

まあ、MAMEさんからは、何か欲しい素材あったら直ぐに言ってくれ。とは言われておるものの、この辺はどうにもならんしのう。

武器とかを作るなら、手伝いが欲しくなるんじゃが……如何せん、防具を作らないと先に進めたくない病がな。
[モンスターハンター。だが断る。]の続きを読む
スポンサーサイト
MH3が発売するまでの
ロロナのアトリエもクリアし、やるゲームが無くなった。

まあ、小説を書く時間に余裕が生まれたので、ちゃんと書いては居る。ただ、何時間もぶっ続けで書ける様な性分でもないので、ある程度書くと書く気力が無くなってくる。

そう言う時に暇をつぶす物が欲しい訳じゃ。

しかし現状何も無いので、割と適当に過ごしていた。

そんな中……って訳でもないな、しょっちゅう言われておったし。MHFに戻ってこいとMAMEさんに言われていたので、んじゃまあMH3が出るまでの繋ぎとして、MHFでもやってるか。

そんな訳で、MHFにかなり久しぶりじゃが、入ってみる事にした。
[MH3が発売するまでの]の続きを読む
超進化フルフル
思わず自分の目を疑う。今まで散々と言って良いほど見慣れたフルフルが、そこには居なかった。

今までの電流をはるかに凌駕するスパークを纏い、雪山に溶け込みそうなほど白い外皮とは打って変わって攻撃的な模様となり、普段より不気味さを強くさせている。

その圧倒的な佇まいに、激しい吹雪の舞う山は焦土と化し、強烈な電撃は洞窟をも焦がす。

今まで、数々の敵を屠って来た筈の大剣を、震える手で握りながら対峙する。

まさしく、目の前に居るフルフルは、新たな進化を遂げ、ここに舞い降りたのだ。

そして、この畏怖されるべき体躯を持つフルフルは、首を伸ばし、鼓膜を突き破らんほどの咆哮を辺り一面に響かせたのであった。
[超進化フルフル]の続きを読む
現在のMHF状態
MHP2Gで大分慣れたせいか、色々と楽じゃな。

まあ……G級を普通にソロで行ったりしておったからのう。
4人用と言うことで大目に体力が設定されているMHFなので、ソロだと削りきれないこともあるが、2人以上いるとそれほど辛くないのう。

以前はガンナーでも1回は死んでたガノトトスも、ガードできない太刀を持っていったとしても普通にやりあえるしな。

まあ、周りに麻痺武器持ってる人が居たから、かなり楽だったって事もあるじゃろうが。
[現在のMHF状態]の続きを読む
ボイスチャットと、モンハン
今日は結構色々あったな。

相変わらず午前中は寝ておるんじゃが。

14時くらいに、少し用事があってリンクも繋いでいる彩吟さんにメッセで話しかけて、その成り行きでボイスチャットを繋いでだらだらと会話。

いやー……彩吟さんのテンションは高いのう……
てか、わしが21歳なのを始めて知った様じゃな……少なくとも20代後半だと思っていたようじゃ。結構普通に歳は出してる積りなんじゃが……

まあ、この口調にも問題あるんじゃろうがな。
[ボイスチャットと、モンハン]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。